ポストダシュ
「海外ポスト」 シリーズ/K006


冬休みスペシャルゲスト編(シンガポール)

 ここは多民族国家シンガポール。中国人・インド人・マレー人が入り混じって国を創ってきたという生い立ちをもっています。だから肌の色も、目の色も、髪の毛の色も様々です。この国に来れば、1度に3カ国に来た気分になれる気がするかも!?しれません(そう、少なくとも私は思いました・・・)。

 多民族国家ならではと言っていいでしょう、所々にその文化の拠点が残されているのですね。チャイナタウンにリトル・インディア、そしてアラブストリート・・・。

 左の写真は1827年〜1843年にかけて造られた、この国最古のヒンズー教寺院“スリ・マリアマン寺院”です。でも何故かチャイナタウンの中にあるという、さすがシンガポール!!という感じですね。

 この塔スゴイでしょ。入口から圧倒されちゃいます。こちらにはヒンズー教の神話に登場する神々、牛や蛇、ライオンなどが彫り込まれているのです。全部で何人?何匹?いるんだろう。。。内部はもっとカラフルな彫刻や色彩画があります。中を覗くと熱心な信者がお祈りをしたり、楽器(太鼓?笛?)を奏でています。

 この方はこの寺院のお坊さんです。
手に持っているのは神像への捧げ物の様でした。この中には白い汁(ココナッツかな?牛乳かな?)やトロトロした液体(ハチミツかな?油かな?)が入っていました。スイマセンデス、何なのか不明で。これらを神像につけてお祈りをしていました。

 これがシンガポールのポストです。
全面ステンレスの鏡面仕上げで出来ていて、まるでミラーの様になっているので ちょっとよそ見をして歩いていたらぶつかってしまうかもしれませんよ!そんなことないかなー? ポストの入口は2つ。シンガポール行き(Singapore)なのか、それ以外の国(Othar Countries)なのか に分かれています。日本の様に普通郵便なのか、小包みなのか という感じに分かれているんじゃなくて、一目瞭然!!分かり易いですね。

 シンガポールはあの有名な罰金制度があるために、街中とーっても美しいです。このポストもそれに良く合っていてとーってもステキですね。

BGMは Toyoaki MIDI BOX ! さんより頂きました。

BACK

 

株式会社 黒柳建設
e-mail:info@kuro-yanagi.com

Copyright (C)
KUROYANAGI KENSETSU CO., LTD.
All Rights Reserved.