ポストダシュ
「銅ポスト」 シリーズ/D001


●ポストとP邸住宅

さてこの銅シリーズは 実は こういったもの 例えば ポスト 表札 看板 扉とかを デザインから作成販売まで作っている 友人の会社の製品なのです。
とっても 雰囲気があります。
銅板 がとっても好きというか 銅板で何が出来るか どんなことが表現出来るかを 皆んなで 一丸となって 頑張っている会社です。"いいネ!いいネ!"って感じが 伝わるんですね。 お好きな方は たまらないかもしれませんね。
そして やっぱり手作りですから、つくるのって、とっても大変みたいです。 勿論 色々種類はあって、1コ1コ同じ物がいくつもつくれるのですが 、とっても暖かい"味"があります。
1つ、このポスト考えてみませんか?
銅シリーズの 始まり 始まり です。

第1回目は 府中市に建てさせていただきました お宅です。 北東の角地の為に 又 道路をへだてて東隣は、今 何も建ってなくて とっても明るい場所です。

地下があって 2階建て+ロフトという感じですが、半地下のカーポートもついていて立体的には、ちょっと複雑です。 入ってみると楽しい。 床下収納は 大きくて13帖位ありますョ。 ちょっとびっくりしますね。

中は トップライトとか 吹抜とか いっぱいついていて 明るくそして 広々して、 いつもオープンスペースでは 話し声が伝わってきて楽しい。 そして お施主様が とても希望されてたのが ベランダです。 1Fのテラスも合わせると 合計で6ヶ所になります。 すごいでしょ!すごいですね。 それも 又明るく 広々とさせてくれてますね 。

さて ポストは、わかりますか?
中央の下の方のポーチの両開きの扉の左ヨコについてます。
では では。


ポストのお話です。
このポストは 塀に取付けする受口を デザインしたものです。
塀の後ろ側は ステンレスの普通の箱型ポスト箱がついていて ここに手紙が 入ります。 このポスト見ていただいた通り 革のカバンをデザインしています。 それも ちょっと昔風の。
アール風に出ているのが 受口のフタになっています。

このフタを 下から上に半月を描く様に オープンして手紙を入れるのですね。
革のカバン風にする為に 表面がエンボス風になっていて 又 銅板ということもあって。
ちょっと パァー! とは 目立たないのですが。
目にとまると"へェー!" という感じがします。
やっぱり暖かいですね。
線が 曲線だからも ありますね。
丸味をもっているのもそうかもしれませんね。

これは反対側から 少しUPで撮ったナナメからの写真ですが それぞれが実に立体的に出来ていてなんとなくカバン それも"銅のカバン!"をキチンと伝えてくれますでしょ。
ホッ!となごみませんか?

BACK

 

株式会社 黒柳建設
e-mail:info@kuro-yanagi.com

Copyright (C)
KUROYANAGI KENSETSU CO., LTD.
All Rights Reserved.