ポストダシュ
「枕木ポスト」 シリーズ/M004


●ポストとO邸住宅

枕木シリーズ 第4回目
武蔵野市吉祥寺北に 建てさせていただいた家のポーチ回りです。
そしてここは、つきあたり道路の一番奥の家のポーチです。
おもしろいのは、この敷地、道路とはLの形で接道しているのですね。
それも2mと2mです。
さて、これをうまく利用しないのはないゾ! ってなりまして、
それでは、これでどうだ!
そのL形の接道部分から またまたそれぞれ1mずつセットバックして 門扉をつくったのです。
そして 道路と門扉の間の2m×1mと(2m+1m)×1mの敷地と門扉の つくるカーポート部分も含めて枕木を敷込みました。
門扉のヨコは 枕木を塀としてたてて、 その手前の東角には
植木(コニファー)をいろいろ植えてみました。
そして 外から離れてみてみたのです。フシギです。
とっても 突き当たりのあのなんとなく狭い というか
奥というか 暗いというか"家がみえないじゃん!" というのが
なくなってしまったのですね。
又 もう1つ工夫もあります。
カーポートの扉も ポーチの入口の扉も
アミ入りのトーメイガラスを 使ったのです。
すると これまた明るく 広くなってしまいました。

そうそう! ポストの話ですね。
ポストの。
ではやっとポストのお話です。
このポストは例によって職人さん達の合作です。
本体は今回大工さんが 作ってくれました。
勿論 この家を建ててくれた大工さんです。
家の方もとっても 気持ちを込めて 良く造っていただいたのですが、このポストも なかなかのものです。
そして 家風のポストの屋根は 板金屋さんです。
よくみていただきますと 塀になっている枕木の笠木も 板金で出来ていますネ。
赤いペンキは 塗装屋さん。
チャイムは 電気屋さん。枕木の塀についている四角い照明器具も 同じです。
1つのポストがこうして今回は4つの職種の方々の合作となっています。
あっ!もう1人います。このポストを考えて図面化した設計の人です。
そしてこのポスト、随分大きいです。
目立ちますネ!いっぱい。



この家は実は敷地が 50坪近くあります。
庭がいっぱいあって、コニファーを使ったガーデニングをしましょうか?
となって色んなコニファーを植えています。
中央にホプシー(もみの木の種類)があってこれが"クリスマス"ですね。
いいですョ。
又 お花をいっぱい植えてみましょう。
南の塀は 赤目垣を 枕木は 床へ敷込、これは45゜の角度で敷いてみましたが
これは 大変!、"大変ってもんじゃなかったゾ!"
と植木屋さん 言ってました。
やっぱり チェーンソー使ってカットするのですが
ナナメ45゜というのは並大抵ではダメで 随分時間がかかってしまった との事 
勿論 枕木の下は 砂利と砂で水はけが 十分とってあります。
おかげで とってもいいですね。ナナメ45°というのは、いい雰囲気が出ました。
又 枕木を塀にも利用しています。
おかげで この塀の枕木を利用して いろいろと植物の鉢を吊り下げていますね。
これも とっても便利だし いい ですね。
枕木とコニファーは とってもよく合います。
そして洋花が 又 又 華やかに 元気に ワァーという感じでいいです。
この写真 実は プロの方にお願いしてみたのです。
20枚位の中から この3枚を今回は 載っけてみました。
いかがですか?
あ そうそうポストの話ですが
ここは、このポストもとっても人気がありました。
"これ手造りですか?" って聞かれる皆さんの顔の とってもやさしいことといったら。
本当に嬉しいですね。

BACK

 

株式会社 黒柳建設
e-mail:info@kuro-yanagi.com

Copyright (C)
KUROYANAGI KENSETSU CO., LTD.
All Rights Reserved.