ポストダシュ
「枕木ポスト」 シリーズ/M001




●ポストとL邸住宅

まず 最初は 小金井市緑町の方のポスト です。
このポスト、実は、ポールをたてて その上に取付けするスタイルのもの でもあります。
見覚えありませんか?
武蔵野市で建てられた赤いポストシリーズのG邸と同じ型の物です。
今回は ポールにつけずに枕木の上に のっけています。
そして フタについているのは、"ホルン"ですよ。これは!
このポスト
フタを上に開けますと もう いっぱい いっぱい お手紙も新聞も 入ってしまいます。
本当にポストは大きい方がいいですね。
らくちんですョ。
きっと郵便屋さんも大きい方がいい! なんて応援してくれますね。
枕木にとってもよく合うんですね。この ポストは。
2枚の写真は 上からのとヨコからのですが
おなべみたいな バスケットみたいな なんとなくユーモラス。
"フッフッフッ"って笑ってしまいそうですね。

ところで 枕木は ちょっと重すぎるので
枕木をたてて この形にするのも 実は そう簡単ではなくて
なかなか 手 がかかります。
かなり気をつけていないと 気を使っていない と危険なんです。
足の上に アッ! なんてことになったら もう大変です。
十分に気をつけて 取り扱いましょう…ですね。
抱合わせる時は もう大きなカスガイが一番。
2本・3本とつけていくと 中々カッコイイです。
"これでなくっちゃ!"って感じですネ。
現場で 何十年も 利用されてきた年期の入った 枕木は、
もうそれだけで十二分に雰囲気があって、ほのぼのです。
いかがですか?



 

さて 次の写真は
カーポートにも ポーチの階段にも 枕木を利用したものです。
(ポストはこの写真の右側に位置しています。)
枕木の下は 砂利 が敷いてあって 水はけをキチンととる必要がありますね。
どんなに枕木が油で十分処理されているといっても、木は木です。
グジュ グジュ した所の 枕木は、本当に早くダメになってしまいます。
ですから、
やっぱり キチンと水はけを考えて 施工しなくてはいけません。
その点は 裏方になりますが、手を抜かないでやる 必要があって、とっても大変な仕事です。
あっ、そうそう、
枕木は実はチェーンソーで切るのですが、
"ぶった切る!"って感じですし、
やっぱり 油がいっぱいだから 歯は取替 早いですョ。
話は元に戻って、このカーポート なかなかいいでしょ!
すべらないし 丈夫だし コンクリートに比べて 柔らかい感じだし
丸い小石 このお宅はピンクがかったベージュのものを
いっぱい廻りに敷きつめまして、とっても合っています。

最後になってしまいましたが、
これは 南側から見た写真 です。
カーポートは この写真の 右下の緑の所 です。
玄関は その向こう側 です。
ちょっと南側の出っ張りが 45°、45°でななめに出ていますので
屋根の形 が変わっています。
1階 の出ている所が リビングです。
家の中に入ると おもしろいです。
2階 の東側の出窓風な所は
内側からは 出窓も利用した 造り付のテーブル です。
巾はかなり広く 又 それが 使いやすく室内的にも 広く感じます。
家の中をお見せ出来ないのが とっても残念です。
どうか 想像して下さい。
ついでに言いますと、
この部屋は 2人の子供部屋で 吹抜もあって ロフトもあって おもしろいですョ。
南側のすだれは、
夏の時 とってもいい空間を作ってくれましたね。

BACK

 

株式会社 黒柳建設
e-mail:info@kuro-yanagi.com

Copyright (C)
KUROYANAGI KENSETSU CO., LTD.
All Rights Reserved.