ポストダシュ
「赤いポスト」 シリーズ/R006


●ポストとG邸住宅

建物の話をします。この建物は、半地下の駐車場付きの3階建てです。
ちょっと困ったのは、お客様がお持ちの車が、普通の乗用車より車高が高い、バンのような型だったので、ガレージ上部の中2階が、通常よりちょっと高くなっています。そして、北側斜線がありますので、そのまた上の3階部分のロフトの斜線側が、(第2種高度地区だったので、まだいいのですが)かなり厳しくなりました。それで、その部屋を実は和室にしています。なぜか?というと、和室は基本的生活が“畳”(床の上に座る)ですので、洋室(椅子に座る)に比べると50cmくらいは、低くなります。天井高がある程度低くても、あまり問題はない。そして、そこ(傾斜の部分)に、“トップライト”をつける!…そうすれば、“圧迫感”は瞬く間に消えちゃいますし、“青空”なんか見えたりすると、開放感もぐっと出て来て、もう“狭さ”がポンっ!と抜けて、そういった事を感じさせなくなります。…と、そういう建物なんですね。



これは、武蔵野市に建てられた建物に付いているポストです。
鋳物で出来ていて、岩手の鋳物やさんが、作られたものです。
初めは上部(郵便受け部分)に“ホルン”のようなものが付いていたのですが、それを、あえて下(支柱を支える板)に付け、上はポストダッシュの記号をつけいてます。そして、窓に取り付けられた赤い表札もポストとおそろいの色で塗りました。形がちょっとおもしろくって、蓋をあけるタイプ、かなりの量の郵便物が、ドサッ!と、こう豪快に、出し入れ出来て、すごい便利!雨もなかなか入りません。
上に書いてある“ポストダッシュ”マークは金色です。色々考えた末、こんなのはどうか?
ということでこうなりましたが、結構、目立つし、かなり便利なようです。

実は当社にもこれと同じポストがあります。ただ置いてるだけなのですが、安定性も良く、 ちょっとや、そっとじゃ、中々倒れません。…もちろん、ちょっとやそっとで倒れてしまっては、 これ、だめなんですがー。
鋳物ですから、“ペンキを塗りカエル”なんて事が、非常に簡単に出来ちゃいます。その点は便利!
例えば、“赤いポスト”にもちょっと飽きちゃったから、他の色に塗り変えよう!なーんて言うことも可能なわけで、「さて、次はどんな色にしようか?」とかなんとか考えのるも、なかなか楽しそうですね。
そして、“お手紙入れ”の楕円の部分の形、上部、両サイドに“おめめ”なんかつけちゃったら、なんとなく“カエルさん”になっちゃいそうで(もし、つけちゃったら、やっぱり、塗装色は“緑”でしょうか?)なかなか“味”のある形状です。アルミのポストに比べれば、少々お値段はハリますが、いろいろ楽しい分、やっぱり、お客様には好評の様です。そして、表札も同じ赤色で塗りました。一緒にありますと、これも、又、ちょっといい感じですね。窓につけた表札というのも“おもしろい!”って、誰かが、言ってました。でも、いいセンスですね。



この家で、とにかく面白いのは、やはり2階の吹き抜けで、とっても吹抜けて、天井が高くて、気持ちがいいですね。南側にキャットウォークのようなものが通ってまして、東側にベランダを作ってます、ですから、吹き抜けの上を、通れて、ベランダに行く、という面白い形です。・・で、3階のロフトは、充分“寝っ転がれる”くらいの広さがありますので、室内に寝転んで流れる雲を見る、あるいは星空を眺める・・なんて事も!、皆さん楽しんで使われている用です。

BACK

 

株式会社 黒柳建設
e-mail:info@kuro-yanagi.com

Copyright (C)
KUROYANAGI KENSETSU CO., LTD.
All Rights Reserved.