ポストダシュ
「赤いポスト」 シリーズ/R004


ポストとE邸住宅

川崎にあるこの建物の外壁は"イエロー"、そしてポストは"真っ赤"です。 建物自体も、ちょっと変わっていて、当初この建物は"ドンドンクジラ"って呼ばれていました。 なぜ?…だってそういう感じがするし、ピッタリの名前だから・・と、みんな思ってました。
その後、ポストの後ろに更に増築もされていて、又、又、楽しい家となっています。中は、2階のL.D.K.に大きな吹き抜けがあって、ブランコが、吹き抜けの上から吊り下げられていて、ゆっく〜り、ゆっく〜り、まるで、振り子時計のように揺れていて、乗っていてあきがこなくて、気持ちいいです。

さて!このポストどうやって作ったか?というと、"ブロック"(あの"塀"とかのです)を積み上げて つくりました。(上部の丸い部分は"削っちゃいました。")
ブロック積み上げた後は、モルタルをきれいに塗って、乾かし、ペイントしました。"ポストダッシュ"の部分は、お客様が用意された、小っちゃなタイル、これを埋め込んで"ダッシュ"の部分も作りました。ちなみに、ポストの足元?に貼ってあるタイルもお客様が探されたものです。
結構おおきなポストです。郵便やさんが郵便物を入れる部分は、結構普通の口金、裏側(取出す部分)にはステンレスの箱が付いていて、外見に比べ、極めてオーソドックスな機構となっています。あくまで"形状"の面白さで、勝負!のポストです。

建てて後、1、2ヶ月位の間に、3人くらいの方が、このポストの写真を撮りに見えた、三脚を持参の本格的な方もいらした…と言うのをお聞きして、ちょっと嬉しかったです。(ははは。)
またちょっとしてから後、別の通行人の方が、戸惑いながらも聞かれたそうです・・「間違えられませんか?」と。…はい、もうお解りですネ?。一般の(公共の)ポストと思われた方が、手紙を投函しちゃったりしないか?と…いう事らしいんですが、その後、だいぶたってからお聞きしても、「そういう事は1件もない。」と、おっしゃってましたから、(意外と世の中のみなさんしっかりしてらっしゃるんだなー、と。)
さて、完成後、みんなで"イイネー!"、"いいのが出来たねー!"なんて言っていたのですが、困ったことがありました。奥様からの「わたし、このポスト目立ちすぎて、好きではないんです。」でした。(ガガーン!)、でも結局、ずるずるそのまんまになったのですが…。(ははは、汗汗。今は好きになって下さってるといイイナー!)
"モルタルに塗装"なので、何年に1度かは、ペイントの塗り替えが必要ですが…その時は、また、緑にしたり、紫にしたり、いっそ"まだら"にしたり、絵を描いちゃったりしても(ちょっと目立ちますが・・)楽しいかな?と、思っています。

BACK

 

株式会社 黒柳建設
e-mail:info@kuro-yanagi.com

Copyright (C)
KUROYANAGI KENSETSU CO., LTD.
All Rights Reserved.