「いい家をつくる会」のコラム ”ご存じですか?” 黒柳建設編
 
TOP  BACKNEXT

"SCの家"づくり

その1.インナーサーキットの効用を高めましょう!(2)


いつも"ちょっと気をつけましょう。"と思って、お客様とお話しさせていただいています。5つのお話しシリーズ。

"外部に取付けをする日除の方法"
(ガラスの外で、熱をカットするのは、まず第1に、考えなくてはいけない大切な方法です。)

イ. すだれ
これ、うちの会社が、スーパーで、こんなに安く(1巻300円位だったかな。取付金物の方が4〜500円したような気がします。)簡単に取付られますヨと、買ってきてくれて、2つ程、事務所の2Fの、南側の1818の窓に、取付しています。やはり、外で熱をカットする方法はいいですね。
2つあります。
1つは、すだれは夏の風物詩(この言葉だけでも涼しく感じますね。)そこにあるだけで、なんとなく、夏の暑さの中で、"涼しいなぁ。"て感じさせてくれますね。
又、当然ガラスに入ってくる熱を一部カットしてくれます。

ロ. ロールブラインド(外側タイプ)
3〜4年位前に、世田谷区の羽根木に建てられた、とっても感じの良い(S工務店施工)、共同住宅の窓に、外側ブラインドが取付されていることが、載っていました(日経アーキテクチュア)。調べましたら、イタリア製だったと思います。ブラインドのメーカーさんが輸入されていて、ちょっと一戸建てには、"ムムムーー"いう感じて、"残念だなぁー、あればいいのになー"と思っていました。そのまますぎてしまっていて…。
最近、サッシュの担当の方が"ありますヨ。それっ!"って教えてくれました。トステムさんにありました。もっといつも聞いていればよかったです。もう、ちょっと前に発売されていたんですね。専門家の方で、考えてくれる人がいて(嬉しいですネ。)"これいいネ"、と思っていますが、まだ残念ながら、お客様に利用していただいたことは、ありませんです。是非、利用したいですね。ちょっと風のある時は、気をつける必要があるかもしれませんが…。

ハ. オーニング(折りたたみ式 又は巻き込み式 のテント)
これは 時々利用させていただいております。実際に開いて使用する場合は、これもちょっと風に気をつけましょう、です。
ちょっと奥行のあるウッドデッキとか、バルコニーの上に取付けますと、仲々、いい気分になりますね。
手動式、電動式、とあっていいなあ、と思いますが、電動式は、やや価格がUPしますので、"さて どうでしょうか?"ということです。しかし、実際の"いい気分だヨ!"という効果を考えますと、"ほしいー!"となってしまいそうです。利用されてみえる方は、やはり、このオーニングの下で、休日なんかのんびりと、"食事もしていますヨ。"なんて、ニコニコして話されますので、やっぱり魅力 感じてしまいますヨ。皆様。

ニ. 雨戸
これは、まず一番に考えますし、断トツに一番良く利用されていると思います。日本では、昔から雨戸というのは、ありましたからね。そして、雨戸にもルーバー型のものがあって、これは、雨戸とガラス窓の、内の、熱くなった空気を逃がす役割をしてくれますので、これも"ウーン、こっちの方がいいのかなぁ?"、と考えてしまいます。この雨戸は、本当に"カルーイ!"ですから、使用に関しては、全くと言っていい位、カルーく使用できます。ただ外観の雰囲気によっては、さて(?)と思ったりしますので、外観をどんな感じにしようか(?)と思ってから、採用をお考えになった方が、いいとも思いますね。

ホ. シャッター
今のところ、お客様とのお話しの中では、このシャッターを利用することが多い(?)ですね。それは、1つには、外観のイメージからくるところが、多いと思います。
もう1つは、案外と使用することが、楽なんです。軽いんですね。羽根の部分がルーバー式のものもあれば、作用によってルーバーになったりするものもあります。又、操作が、電動式も出来るものもあって便利です。新しく建てられた家を見ていますと、多く利用される様になってきていますね。
ちょっと(?)と思うことは、上げ下げの時の音が少しあります。ザザーというか、ガラガラーというか、感じる音がちょっと大きい(?)かな、と思います。羽根がロール状にクルクルと、巻き込まれて、収まっていますので、音が出てしまうことは、理解できるのですが、もうちょっと音を、と、欲が出てしまいます。これは、とっても、開け閉めが 楽になってしまったので、"次は音"と、どんどん欲張りになってしまうからですね。それから、やはり、ちょっとだけ 閉じて、ちょっと開けておいて、ということが難しい、のと、下の方を閉じて、上の方を開けたい、ということが、今のところ(?)出来ませんね。これも、このことを希望することが、無茶苦茶という気もしますが…。
("アチチュアーの発想は、それでいいのです。"と勝手に思ってますが…。)
でも、とっても便利ですし、メーカーさんも価格も頑張っていただいて、実際に利用される方々が多いです。
又、"これはちょっと使いづらい"とか、他の"クレーム"もあまりありませんです。又、防犯の役目もあって一石二鳥ということで喜んでおります。(少しメーカーさん寄りの発言でしょうか?)

さて、"その1"は、長くなっておりますが、次回で"その1"終わりです。

次回は、C"屋根" と D"内側の日除の方法"です。
お楽しみに!


TOP  BACKNEXT

 

 

株式会社黒柳建設
e-mail:info@kuro-yanagi.com

Copyright (C)
KUROYANAGI KENSETSU CO., LTD. All Rights Reserved.