「いい家をつくる会」のコラム ”ご存じですか?” 黒柳建設編
 
TOP  BACKNEXT

自由型敷地編(2)
“三角形って、三角形ですか?”
自由形敷地に建てるコツ <その2>


自由形敷地のなかには、“三角形”の土地なーんてのも、ちょっと、珍しいですが、あります。
そして、これ、なかなかおもしろい!
以前、二等辺三角形の土地!に家を建てさせて頂いたことがありましたが…びっくりしました。「こんな土地もあるのね〜、やったろうじゃないの!」…この土地が来た時は、ちょうど、そんな事が頭の中にいっぱい、あった時で、もう、来るべくしてきちゃった!すごいね!待ってました!って感じで、社内でもワクワク、ドキドキ、「あーだ、こーだ!」と、プラン練らせて頂きました。

三角形の土地でも、面積によっては、いろいろできます。例えば15坪だと、ちょっときびしいですが、(15坪の三角形の土地については別のチャンスに、お話しますね。)30坪くらいもあれば、結構、好き勝手に考えられますし、おもしろいです。
形が三角形ですから、使いづらい、使えない所ももちろん出てきますが、それを、“おもしろいネ!”、“うまい利用方法はないかな?”という風に、発想転換していくと、方法はでてくるものです。

「人間は立って半畳、寝て1畳」なんて、言い方もしますが、これ(寝て1畳)を、平面にしますと、90センチ×1.8メーターあればいい、と言う事になります。
例えば、30坪、約60畳の土地(まあ現実は、60畳全ては使えませんから、40畳位ですか、)でも、この方式で考えると、“90センチ×1.8メーター”が40個もある、ことになります!すごいですね。想像できますか?5人位なら、なんとか、つかめますが、“40人分の人間の容積”ってなると、ちょっと、私には想像できませんが…。まあ、こんな風に考えていくと、どうなるか?と言うと…もう頭の中では、三角形が三角形でなくなります。そうすれば、しめたもの!もう“普通”です。 どんな形に捉えてもO.K.ですね。
でも、ある時、ある所にくると、やはり、また、三角形の、“三角形であるが為の問題”も、もちろん、出てきます…でも、その時は、その時で、また「ここは、どういう風に利用すればいいかしら?どんな風に料理しちゃおうかなァ?」を、考えればいいんじゃないかナ?と、思います。
これしか利用の仕方がない…ってなった時、どうすればいいか?を考えればいいわけです。
“三角形じゃない部分”に関して考える時は、もう“三角形”であると言う事は、キレイさっぱり、忘れちゃってもO.K.な訳です。で、形として見た場合、“三角形”、これは、おもしろい図形なのですネ。

ちょっと、不思議なのですが、一般的にみなさん“三角形”ってなると、どんなに大きくても“三角形”というだけで、なぜか「こんなの家になるの?」って思われるようです。どうしても。ところが!これを、人間のスケール(立って半畳、寝て1畳)で考えると意外と平気なのですね。これが。
どこかに行った時に実際に三角形の“書院造り”を見せていただいた事がありましたが、おもしろかったですね。「へェー、出来るんだー三角形で・・」って思いました。
そして実際に建てようとすると、これまた、まわりの反応がおもしろいのです。
「こんなの出来んの〜?ちょっと、マジ?こんなこと考えたの一体ダレなの?」って、感じの発想がほとんどで、決して、「おもしろいネー、いいじゃん!」にはならないのですネ。マイナスの発想になっちゃいます。
だからこそ、“ひっくり返った時”の“プラス”は、もう余計に “オモシロうれしい”し、“やったもんネー!”で、“ハナ・ターカ・ダーカ”になってきますし、だんだん、出来てくると、職人さんも、「出来る!出来る!」って自信もついてきます。

三角形の土地をお持ちのお客様、そういう土地に家を建てようとなさる方は…失礼な言い方かも知れませんが(決してそんな気持ちはありませんが)…最初はちょっと、“気後れしている”・・というか、ちょっと、“恥ずかしい”というか、“真面目な顔して、キチンと話をしても、変な風にとられないかなぁ”・・とか、現実にはそういう感じあるみたいです。でも、だんだん、出来てきますと、この気持ちが…秘めたる自信?に変ってくる、っていうか、「ヤッタネー!イイネー!」って感じ、「まさか!こんなの出来ると思わなかったのに、ウフフ…」に、なります。
ひっくり返った時の“プラス”の効果というのは、普通に来た“プラス”以上に、もう、よりいっそう、大きくなります。“マイナス”だった時のイメージを、吹き飛ばしてくれて、さらに「やったゾー!やったゾー!!」っていう、自信にもつながる・・のですね。

おさらいです。
三角形の土地をお持ちの方、“おもしろくって、楽しい家造り”、ぜひ、ごいっしょしませんか?
次回は“自由形敷地に建てるコツ その3 ”凸凹の魔法、ですって?「ホー!」です。わかりますか??


TOP  BACKNEXT

 

 

株式会社黒柳建設
e-mail:info@kuro-yanagi.com

Copyright (C)
KUROYANAGI KENSETSU CO., LTD. All Rights Reserved.